現在の家へ引っ越した際は、ぴったり春の繁盛期

現在の家へ引っ越した際は、ぴったり春の繁盛期でした。
何しろ引っ越し業者が忙しく、なかなか自分の都合のいい日にスケジュールが取れず、だいぶん苦労しました。やっぱり、午前中でまるごと全部を終わらせるというハードな予定になってしまいましたが、しかしながらどうにか引っ越し作業は完遂しました。私たち家族は今春に引っ越しを経験したのでした。
元々暮らしていた家を建て替えるためにすぐ近くの家に引越しました。荷物運びは友人に手伝ってもらい行ったので、引っ越しの費用自体はかからずに済みました。ただ一つだけ苦労したことは、私が小さな頃から使用していたピアノがかなり重量があって重く、運ぶ際に苦労をしたことです。
引越しの際必要なガスの解約は、退去日より相当前から申し込めるので、忘れないよう前もってインターネット等から依頼しておう方が適切です。
ただ、転居当日い立ち会わなければならない場合があるので、時間を何時にするかに用心するようにしてください。
引越しのみに限らず、仕事をこなすことができる人は、段取りを組むのがうまいと言われます。引越しをやる場合、どれを先に積もうかとかどれをどのあたりに、収納するか等、意外に頭を使うのです。そのため、引越し業者の段取りのよさにあらためて感心したといった方もたくさんいると思います。
引っ越しがすんだら、市町村役場で各種の手続きを完了させる必要があります。後、指定の警察署に行って、住所を登録し直す必要もあるでしょう。基本的には、住民票の写しを提出すると、あっという間に手続きをしてくれます。
手続きが終わった免許の裏面には、変更後の住所が記載されています。
引越しをする場合、電話の引越し手続きも必要になってきます。ただし、固定電話じゃなく、携帯電話については、携帯ショップにて住所変更を行うか、オンラインで手続きするかだけのことで、すぐに終わらせることができます。近頃の人は、固定電話は持たない場合が大半を占めています。
今回の引越しのときには、住民票の移動処理はなるべく早めにしておこうと思ってました。
そのために、まず私が転出届の手続を行い、主人のほうが、引越しの当日中に転入届を提出できるようにその日程を打ち合わせしておいてどたばたぜずに引越ししました。住民票のほかにも引越しをするときにはいろんな手続きに忙殺されがちなので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的に行うことが大事ではないかと考えます。
引越しで最も必要なものは運搬する箱です。小物もちゃんと整理して段ボールに収納しておけば、転居にかかる時間も大幅に短縮でき、引越し業者も助かります。ダンボールは業者がタダでくれることも多数ですので、無料見積もりをする際に確認するとよいでしょう。
引越しを実際に行うとなると、大量の荷物を入れた段ボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんに混じり大型荷物を運んだりと大忙しです。
一定時間行っていると、手のひらは真っ赤になります。
業者さんの手はというと、きちんと軍手をされています。
引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分用の軍手が必要だなと思います。
有名な引越し業者は、いっぱいあります。
誰でも一度は耳にした事のあるメジャーな運送会社として日本通運なんかはとくに有名だと思います。
そんな日本通運は、日通とも呼ばれていますね。
日通というのは引越し業務だけではなく、古美術品も輸送でも有名で、業界シェアのナンバーワンとなっているのです。なんとなくですが引越し荷物も丁重に扱ってくれそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です